ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


中国でタクシーに乗ってみた!最低限で通じる中国語会話①

中国でタクシーに乗る方法です。

理由あって、中国に移住(?)しました。といっても、期限付きの2年間なので、移住とは違うかもしれませんが・・・(+_+)

中国はタクシー、電車、バスなどの公共交通機関が非常に格安で使えます。まったく中国語がわからないので、タクシーは避けていましたが、万を持して(?)乗ってみたのたので、その覚え書きです。

中国では道路の名前だけで行き先が伝わる!

中国にいる知人によると、中国の道路には全て名前がついており、タクシーに乗る時には交差する道の名前を伝えれば場所を理解してもらえるらしい。

「浦東南路(プー ドン ナン ルー)」「陸家嘴東路(ルイ ジャー ズイ ドン ルー)」のように交差する道の名前をタクシーの運転手さんに伝えれば良いとのこと。
(正確じゃなかったらゴメンなさい。分かる方ぜひ教えてください。m(__)m)

とりあえず、覚えたまま「ニーハオ」とあいさつし、「プードンナンルー、ルイジャーズイドンルー」と行き先を言ってみました。さすがに一回では通じず、言い直すこと3回目にしてようやく思い通りの場所に向かってもらえました(^^♪

が・・・。まだ、もう一つタクシーに乗る前に心の準備が必要です(*ノωノ)

止まる時はどう言えばいいの???

これです( ..)φメモメモ

目的地に到着したら、「止まってーー!」と伝えなくてはなりません。

中国語では「止まって」を「停車(テイ シャー)」と言うそうです。日本語ほとんどそのままなのでカンタンです。これは覚えの悪い私でも難なく覚えることができました。

「右に曲がって」は「ヨウグアイ」、「左に曲がって」は「ゾウグアイ」

目的地が近くなってくるとタクシーの運転手に必ず「右?左?」と聞かれます。これは日本でも同じですね。

指差すだけじゃ、気づいてもらえません。残念ながら運転手さん、客の方はほとんど見てないです・・・Σ(゚д゚lll)ガーン

必死に身振り手振り交えつつ、「ヨウグアイ!」と何度か繰り返し、無事、右折し「停車(テイ シャー)」してもらいました。メデタシメデタシ。

これだけ言えれば中国のタクシーマスターです!

タクシー乗る時は交差する道路の名前を伝えればOK。口頭で伝わらなければ、筆談しましょう!(スマホの画面見せても伝わりません。中国の運転手さんには目が悪い人が多く、文字が小さいと見えないようです。)

「止まって!」 → 「停車(テイシャー)」

「右に曲がって!」 → 「ヨウグアイ」

「左に曲がって!」 → 「ゾウグアイ」

これだけ分かれば、タクシーに乗るのなんてカンタンです!

※中国のタクシーはめちゃくちゃ安いです。初乗り運賃14元(イー シー スー クワイ)ほど。日本円でなんと250円程度です!3~4kmくらいで、ようやく20元。それでも日本のタクシーの初乗り運賃以下です。

ちなみに・・・

中国のタクシー、ヤバい速いです。恐怖感じるほどです。ウィンカー出さずに車線変更の連続、ビュンビュン前の車追い抜いていきます。公道のカーチェイスです。

あと中国では右折車は赤信号でも止まりません!右折の時は、速度を落とさずギュンっと曲がります。信号無視ではなく、中国はそういう交通ルールなんです。歩行者が横断歩道歩いていても、おかまいなしのスピードで突っ込みます。
(横断歩道歩くときは注意が必要です)

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集