ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


団地に移住のススメ!県営・市営住宅に応募するための条件とは

アパートで暮らしているが、家賃が高くて生活費を圧迫・・・

でも価格の安いアパートに住むのは、スペースが足りないし、

なかなか住みたいと思う物件が無い・・・

そんな時に一度は考えてみても良い県営住宅・市営住宅。

大まかに言うと、その地域の相場の半額くらいで住める住宅です。

あ・・・でも年収がかなり多くてリッチな方は、年収制限があるので、

たぶん無理です。

住居に困っている人向けのものなので。

 

★県営・市営住宅に応募するための条件

① その県や市にある程度の期間住んでいること。(住民票で確認できないとダメでしょう)

県や市によって条件は違いますが、

例えば神奈川県では6か月以上、東京都では3年以上となっています。

② ほとんどが家族向け。(内縁もOKなことが多い)

単身向けは高齢者限定というところが多い。

若者の単身者は頑張って働いて家賃を払え、ということでしょうか。

③ 収入が少ないこと。

月収にして16万円程度が境になりそうです。

細かい基準はお住まいの県や市のホームページで。

「○○県 公営住宅 収入基準」なんて調べると出てきそうです。

④ 抽選で当たること。

1回の応募では当たらないと思っておいた方が良いでしょう。

10倍~20倍くらいの倍率です。

 

★募集期間

募集期間は5~6月、11~12月あたりに集中しているようです。

県営住宅や市営住宅を検討されている場合は

一度、募集期間について調べておきましょう。

常時募集として1年中募集している物件もありますが、

空いている物件は人気が無い理由があるはず。

ほとんどの公営住宅は、安く良い物件に住めるということで

なかなか引っ越したくないものです。

良い物件は人が離れないので、

なかなか募集が無いのです。

 

★県営住宅・市営住宅のデメリット

デメリットが無さそうに見えますが、デメリットについて考えます。

・掃除とかは当番制です。住民が自分達で管理します。

1か月に1回くらい当番が回ってくるのは覚悟しましょう。

・いつ当選し入居できるか不確定なこと

・収入がある程度の期間、基準を上回ると退去させられること

だいたい3年くらいの間基準を上回る収入を得ていると

退去させられます。

 

★家賃が高く生活が苦しい方は検討を。

このような選択肢があることを知らずに

検討すらせずに苦しい生活に甘んじる必要はないと思います。

この機会に、県営住宅・市営住宅について一度考えてみてはいかがでしょうか。

興味があれば「○○県 県営住宅 募集」「○○市 市営住宅 募集」と検索してみてください。

※○○県、○○市にはご自分の住所地が入ります。

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集