ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


コンクリートの劣化を防ぐ外壁塗装のメンテナンス方法

鉄筋コンクリートの打ち放し仕上げというものが過去世界的に著名な建築家がとりあげて話題になった時期がありました。日本でも国内で有名な建築家が庁舎建築などにその近代的なフォルムに柱や梁、化粧梁などの要素が外観に活かされ日本古来からの和の美と融合されて注目されたものでした。
この工法は木材で組まれた型枠の中に生コンクリートを流し込み、固まるとその型枠を解体してそこに現れるコンクリートの表面が加工を施さずそのままの状態で仕上げる工法を言います。
構造用合板の素地や化粧杉板の木目等を柱や梁の長手方向に見せる場合もあります。この工法では生コンの柔らかさや現場におけるコンクリートの型枠表面に巣として残らないようにあらかじめ剥離剤を塗布したり振動を与えたりしながら慎重にコンクリート打ちを行います。
綺麗に仕上げることは施工管理面で難しいものがあります。外壁や基礎回りは長い年月を経るに従って表面が劣化して来て汚れが目立ったりヒビ割れが入ったりすることがあります。勿論コンクリート自体には防水性もなく耐久性や汚れを防止する機能は期待できません。その為に打ち上がった時点で仕上げとしての処理を施す必要があります。
年月と共に現れる現象や劣化要因としては汚れや亀裂以外にもコンクリート表面に砂利が露出して豆板が現れることがあります。あるいはコンクリート打ちの際に型枠表面に空気の気泡が残りこれが表面化して小さな穴があくことがあります。
さらに滑らかな表面が剥離してザラザラな表面に変化することも見られます。コンクリートの打ち継ぎ箇所では温度差や時間の差によってコールドジョイントと呼ばれる現象が現れることがあります。これは打ち継ぎ箇所を境にして色が変わって来ることを指します。
又、鉄筋のサビがコンクリート表面で中性化してクラック部分等から浸入し雨水と共に下へ流れて茶色に染まることもあります。
コンクリート中の水酸化カルシウムが侵入した雨水に溶けて目地部分やヒビ割れ部分から流れ出す現象が見られることもあったり周囲の環境条件によっては黒カビや藻が発生することもあります。
こういうことから近年になって鉄筋コンクリート表面に撥水剤が塗布される場合も多いとされています。
そして年月と共に旧塗膜も劣化して来るのでそのリフォームの方法も考えておかなければなりません。
外壁塗装や外壁補修の方法としては基礎回りや外壁面にフッ素塗装を行う方法があり、密着性にも優れ美観と耐久性を再生することが出来るとされています。
フッ素塗料はメーカーでは10年間の保証もついているようですからこれで一定期間については耐久性を確保することが出来ます。
コンクリートの風合いを出すには汚れをただ覆い隠すのではなくて打ち放しの質感を専用改修塗材を使って再現した後にフッ素塗料でコーティングするといった方法がとられる場合も多いようです。
最近市場に現れた光触媒や遮熱塗料という塗料が使われる場合もあり、光触媒の塗料は太陽光線の紫外線によってコンクリート表面の汚れが分解され、さらに雨水でもって洗い流されるという新技術を利用したもので合理的な考え方から生まれています。
同じく最近出た塗料に遮熱・断熱塗料というものもあり、これは太陽光線の熱線を反射させて室内へ熱を持ち込まない為に夏場など室外温度よりも数度ぐらい室温を低下させる効果があるとされます。エアコンなど使っている場合にもその冷房負荷を減らせるために電力使用量を節減させることができ、省エネ効果を持つとされています。
施工方法としてはまず高圧洗浄機で鉄筋コンクリートの表面の汚れを洗い落とします。
ヒビ割れや豆板その他の面が見られる場合はコーキングを施したり下地調整を行います。ヒビ割れなどの内部を掘り下げるとそこには打ち継ぎの面が現れる場合も見られ、そこを水分が移動したり膨張や収縮を繰り返していた可能性も見て取れます。表面はカビや藻、樹木などが付着していることもありますからこれらはワイヤブラシやバーナーなどを使って全部取り除いておきます。
細いヒビ割れはコーキング材を直接に注入しておきます。プライマーと弾性フィーラーで下塗りを行っておき、その上にフッ素系塗料で仕上げ、工期を短縮する場合には厚さのある仕上げを行い1回塗りとすることも出来ます。
下地となる色をまず塗布しそれから専用のスタンプで打ち放し風の模様をつけて行きます。何回塗りか分かるように色や塗り方向を変えて数回これを繰り返します。そしてこの塗装表面が乾燥したらその上にコーティングを施します。
工程においては度重なる試験を行ったり手戻りも生じたりするものですが、こういう過程を経て自然なコンクリートの打ち放し仕上げの風合いが完成します。
フッ素塗装コーティングは高耐候性と中性化抑制作用を持ち、低汚染性やぬれ肌防止作用、防カビ性を兼ね備えているとされています。刷毛は使えず吹き付けかローラーによって仕上げます。

上記はサムライファクトリーのShinobiライティングで依頼して書いてもらった記事です。

外壁塗装のSEO対策コンテンツの依頼があったので、試しにShinobiライティングを利用してみたのですが。

指定タイトル:コンクリートの劣化を防ぐ外壁塗装のメンテナンス方法
指定キーワード:外壁塗装, 鉄筋コンクリート, 再生, 劣化要因, 外壁補修, 旧塗膜, 密着性, サビ, ヒビ割れ, 中性化
文章タイプ:雑学・お役立ち
文末表現:ですます調
文字単価:0.6円(アフィリエイトフレンズの会員特典で文字単価1円⇒0.6円の割引が適応されました。)
記事単価:1200円
総文字数:2027文字

文字単価0.6円×2000文字×10記事を発注してみた中の1記事が上記の記事です。

Shinobiライティングは安い・カンタン。だけど、記事の内容はそれなり。という印象。

良さそうな記事はリライトして手を加えた上で文字単価5円くらいの価値に昇格したので良いのかも。

ランサーズはやりとりに手間がかかりますが、Shinobiライティングは発注したらコンテンツの納品を待つだけなので、ディレクションの必要もないので、手軽といえば手軽です。

その代わりライターを指定することもできず、同じライターに継続依頼をかけることもできないので、Shinobiライティングは本当にライトに利用するのが吉でしょうね。

外れライターさんに当たったら仕方ないって感じで。

私的には、とにかくコンテンツの量が欲しい場合にShinobiライティングを利用するのが良いのかなと思います。

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集