ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


真冬に外壁塗装はできる?雪や結露の影響は?閑散期なら思わぬ割引も

外壁塗装の需要が集中するシーズンといういうのは実はありません。一年を通して常にどこかしらの一戸建て住宅が外壁の塗り直しを専門業者に任せていると言えます。それでもあえて言うなら春先が外壁塗装の依頼が増えるシーズンだと言えます。なぜなら雪が降りやすい地域などの場合降雪中の作業事故を恐れて、冬場の現場作業を避けるといった中小規模の工務店や塗装業者が存在しているため、冬開けの春に作業依頼をまとめてこなしているといった傾向があるからです。
それに作業を行なうハウスメーカーや業者側からすると暖かい時期に作業をしたいと考えるものですが、冬場は外出したくないといった消費者が多いことも依頼数に影響を与えていると言えます。依頼を出す側も冬が過ぎ去ってから塗装をお願いしても遅くないかといった意識を持っている場合が多いのです。
しかし雪や結露の影響が心配な真冬であっても外壁塗装を行なってもらうことは可能です。年末しかまとまった時間を自宅にかけられてないといったご家庭であっても、安心して塗装作業の依頼を出すといいでしょう。
外壁塗装業者や工務店はプロの集まりです。住宅の外壁についてしまう結露や霜への対策も十分に練られていますし、仕上がりに影響がないように低温での作業時にも剥離しないようなペンキが利用されています。
作業後すぐに塗ったばかりのペンキの上に結露や霜が付いてしまったら、即座にペンキが剥離してしまうのではないかといった不安を持つ方もいらっしゃるでしょうが、外壁に使用される塗料というのは抜群に防水性が優れているものが使用されているため、結露や霜の影響を受けることはほぼありません。
もうひとつ真冬の外壁塗装依頼で覚えておきたいことが、業者や店舗によっては冬のシーズンに依頼を受けると料金を割引するといったキャンペーンを執り行っているところがあるということです。
年間を通して休まずに塗装業を行なっている業者や店舗の中には、真冬の時期に依頼が減ることへの対策を施しているところが存在してます。その具体的な対策のひとつが真冬のみに適応される特別割引であり、10パーセント近くの割引率を誇っている会社などもあるほどです。
外壁の塗り直しには普通の2階建て住宅の場合でも100万円近くかかるものなので、10パーセント割り引かれれば10万円分近く費用が節約することが可能となります。使用する塗料の質や作業期間などは通常通り変わりなく行なってくれるため。あくまでも消費者目線ではありますが料金面のお得さを重視するなら真冬こそ塗装依頼をベストシーズンだと言えるでしょう。
クリスマスや大晦日前でも塗装を実施してくれる年中無休の業者の中から、割引に応じてくれているところを優先的に探すといいでしょう。
ですがいわゆる閑散期だとしても作業依頼に対して割引が適応されないといった店舗や業者も少なくありません。料金割引がある業者は公式ホームページやチラシなどで宣伝をうっていることが多いので、料金が引かれるかどうかの確認を事前に行なっておくことも必要になってきます。
実際に依頼を出さないとしても電話などでの問い合わせに応じてくれる店舗や業者がほとんどですので、真冬に依頼を出したほうがお得なのかを面倒でも各業者に直接確認するようにしてみてください。
ただしあまりにも酷い大雪に見舞われ、現場作業が困難な場合には作業が執り行われない可能性もあります。北国での真冬の塗装依頼には、施工期間がずれこむリスクがあるのだということも忘れないようにしておいてください。ちなみに施工期間がずれる場合には必ず業者や店舗のほうから連絡と報告があります。勝手に現場の判断で何日も完成が遅れるなどということはありませんのでご安心ください。
真冬に塗り直してもらった外壁は、暖かい時期に塗り直してもらった外壁と同じ程度に長持ちするのかというと、この点も心配はないと言えます。使われている塗料が一緒で剥離もほぼ発生しないことから、どのシーズンに塗り直しを行なったとしても10年から15年は確実に外壁が保持できると言えるでしょう。
そして雪が多い地域でこそ、住宅に利用されているペンキをより防水性の高いものに塗り直したほうがいいと言われています。定期的に塗り直さなければ外壁に水分が浸入してしまい、外壁や住宅に使用されている柱などの腐敗を招いてしまうからです。雨漏りが無いからといって雨に強い自宅なのだと思わず、住宅の外観がまだ綺麗であってもある程度のスパンで外壁塗装の依頼を出すように心掛けておいてください。
塗装作業は確かに大きな出費です。しかしせっかくローンを組んで購入した大切な自宅を台無しにしてしまうような外壁の腐食を避けるためにも、コストパフォーマンスの良さそうな店舗や業者を選択して料金の節約を狙いつつ、住宅の壁の維持に努めるように気をつけておくことを推奨します。

上記はサムライファクトリーのShinobiライティングで依頼して書いてもらった記事です。

外壁塗装のSEO対策コンテンツの依頼があったので、試しにShinobiライティングを利用してみたのですが。

指定タイトル:真冬に外壁塗装はできる?雪や結露の影響は?閑散期なら思わぬ割引も
指定キーワード:外壁塗装, 雪, 仕上がり, 影響, 剥離, 低温, 結露, 霜, ベストシーズン, 割引
文章タイプ:雑学・お役立ち
文末表現:ですます調
文字単価:0.6円(アフィリエイトフレンズの会員特典で文字単価1円⇒0.6円の割引が適応されました。)
記事単価:1200円
総文字数:2027文字

文字単価0.6円×2000文字×10記事を発注してみた中の1記事が上記の記事です。

Shinobiライティングは安い・カンタン。だけど、記事の内容はそれなり。という印象。

良さそうな記事はリライトして手を加えた上で文字単価5円くらいの価値に昇格したので良いのかも。

ランサーズはやりとりに手間がかかりますが、Shinobiライティングは発注したらコンテンツの納品を待つだけなので、ディレクションの必要もないので、手軽といえば手軽です。

その代わりライターを指定することもできず、同じライターに継続依頼をかけることもできないので、Shinobiライティングは本当にライトに利用するのが吉でしょうね。

外れライターさんに当たったら仕方ないって感じで。

私的には、とにかくコンテンツの量が欲しい場合にShinobiライティングを利用するのが良いのかなと思います。

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集