ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


windows10にpython環境構築⇒tensorflowインストールまでの手順・方法

Googleが提供しているDeepLearningライブラリ tensorflowをwindows上で試したくなったので、インストールしてみました。

windowsにはデフォルトでpythonが入っていないので、まずはpython環境の構築からです。

手順①:python環境構築

管理者としてコマンド画面を開いて、次のコマンドを貼り付けます。

参考:2行でpythonインストール@Windows – Qiita

この2つのコマンドだけで、pythonの便利ライブラリnumpyから何まで全部が一通りインストールできました。

手順②:tensorflowインストール

こちらもコマンド操作で一発インストールです。

もし、pip install –upgrade tensorflow時にエラーが出るようなら、pythonのインタープリタが32bit版の可能性があります。具体的には、以下のようなエラー表示になります。

  • Could not find a version that satisfies the requirement tensorflow (from versions: )
  • tensorflow-0.5.0-py2-none-any.whl is not a supported wheel on this platform.

※ tensorflowは64bit版のpythonにしか対応していません。

その場合は、https://www.python.org/downloads/release/python-353/から「Windows x86-64 executable installer」をダウンロードし、exeファイルを開きインストールします。

インストールの時にわからないことがあれば、【手順】Python 3.5.x インストール手順 – プログラム覚え書きが参考になります。

手順③:tensorflowの動作確認

コマンドからtensorflowがきちんと動くか確認しておきます。

上記コードを実行すれば、「b’Hello, TensorFlow!’」と表示され、tensorflowの動作確認完了です。

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集