ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


テーマ更新も怖くない!テーマをいじる前に必ずしておくべき2つの準備⇒子テーマ作成・myプラグイン作成

ワードプレスを長らく運用していると更新が必ず必要になります。セキュリティの問題もあるので、更新は必須です。

ただ、テーマをいじって改造している場合には、この更新がとても煩わしいのです。。。

例えば

  • single.phpが上書きされてしまった
  • functions.phpが上書きされてしまった
  • データベースの読み込み先テーブルを追加していたのに元にもどってしまった

などなどです。

WordPressテーマやWordpressのアップデートがあっても「子テーマ + myプラグイン」で改造していれば、上書きの心配は不要です。

データベースに新しいテーブルを追加して利用する場合はdb.phpも準備した方がよいです。

①子テーマ作成

子テーマを利用すれば、親テーマの一部だけを改変することが可能です。

たとえばpage.phpだけをカスタマイズする場合には、子テーマ内でpage.phpを作成します。

すると

page.php ⇒ 子テーマのpage.php
他のファイル ⇒ 親テーマのファイル

というふうに、子テーマにあるファイルは子テーマのものが優先、子テーマにないものは親テーマのファイルを利用する。ということが可能です。

もしテーマのアップデートがあったとしても、親テーマがアップデートされるだけなので、子テーマでカスタムした内容はそのまま維持されます。もう更新にビクビクする必要はないわけです。

子テーマを作る手順

例として現在のワードプレス デフォルト テーマ Twenty Seventeenの子テーマを作ってみます。

子テーマ フォルダを作成(必須)

/wp-content/themes/ がテーマフォルダです。

デフォルトだと「twentysixteen」とか「twentyseventeen」などのフォルダが存在するはずです。

このディレクトリに新しく子テーマを格納するためのフォルダを作成します。

フォルダ名はなんでも良いですが、わかりやすく「twentyseventeen_child」とでもしておきましょう。

子テーマ フォルダにstyle.css作成(必須)

/wp-content/themes/twentyseventeen/

次はstyle.cssを上記で作成した子テーマフォルダの中に作ります。style.cssがないと親テーマを判別できないので、テーマとして機能しませんので、style.cssは必ず必要です。

以下のように書きます。

Template:twentyseventeen
↑この「twentyseventeen」の部分がとても重要です!

親テーマを指定しているのが、上記の部分だからです。1文字でも間違うと正しく親テーマを認識してくれません。

Theme Name:twentyseventeen_child
↑この「twentyseventeen_child」の部分で子テーマの名前を決めています。適当に決めてもよいですが、twentyseventeen_childのようにしておくのが分かりやすいと思います。

※簡単にするために最小限の記載にとどめていますが、上記できちんと機能します。

子テーマ フォルダにfunctions.php作成(必須)

/wp-content/themes/twentyseventeen/

子テーマ フォルダにfunctions.phpも作成しましょう。

以下のように記載します。

functions.phpに記載したのは、「親テーマのstyle.cssを読み込む」という意味です。

これで、親テーマのsytle.cssをデフォルトとして読み込み、子テーマのstyle.cssを追加で読み込むという形になります。

②マイ プラグイン作成

functions.phpにどんどん関数を作って記載していくのも可能ですが、functions.phpに全部書いてしまうと管理が大変です。

functions.phpに直接書くと「どこに何を書いたかわからない」「一部だけ停止させたいけど難しい」などなど。

簡単なのでマイ プラグインを作ってしまいましょう。

マイ プラグインを作る方法

/wp-content/plugins/

上記フォルダ(デフォルトではakismetなどが入っているはずです)に新しいフォルダを作成します。

好きな名前のフォルダで大丈夫です。「my-plugin」とでもしておきましょう。

/wp-content/plugins/my-plugin/

作成したフォルダ内にmy-plugin.php(好きなファイル名でOK)を作成します。

ワードプレスにログインして作成したプラグインを有効化します。(my-pluginというプラグインが見つかります)

「/wp-content/plugins/my-plugin/」フォルダ内のPHPファイルは最初に読み込まれるようになるので、好きなPHPファイルに分割して自分にわかりやすく整理できるのが、myプラグインを作成する一番の利点です。

もちろん「/wp-content/plugins/my-plugin2/」とか他のプラグインフォルダを作成して、別のプラグインを作ることも可能です。

functions.phpに全部記載していた方は、これを機にプラグイン化してみても良いのかもしれません。とても管理がラクになる上、整理しやすいのでオススメです。

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集