ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


【エクセルVBA】連想配列はDictionaryではなくコレクションを使うべき理由

エクセルVBAで連想配列といえばDictionaryが思い浮かぶ人も多いはず。

でも、Dictionaryを使うには、事前に「Microsoft Scripting Runtime」を有効化する必要があって不便です。特に配布して他の人が利用するような場合には、わざわざMicrosoft Scripting Runtimeを有効化してもらわなければなりません。

これでは、Dictionaryは連想配列として使い物になりません。

Microsoft Scripting Runtimeを有効化しなくてもDictionaryを利用する方法も一応ある。

Microsoft Scripting Runtimeを有効化しなくてもDictionaryを利用する方法も一応あります。

Public Function~End Functionを毎回記載した上で、Sub sample以下のようにDictionaryを使う方法です。

しかし、これは毎回、Public Function~End Functionを記載しなければならず、面倒です。

VBAでは連想配列代わりにCollectionを使うのがおすすめ

エクセルVBAでは連想配列代わりにCollectionを使うのが楽で便利でおすすめです。

こんな感じで簡単に連想配列っぽく使えます。

もちろん、わざわざ自作関数をつくる必要もありませんし、PHPやPython等の言語と比べても違和感ない感じに使えるので気に入っています。

もうVBAで連想配列を使いたいと思ったらCollection使う。でよいのでは???

以上、 【エクセルVBA】連想配列はDictionaryではなくコレクションを使うべき理由 でした!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集