ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


WiMAXっぽくてWiMAXではない格安SIM一覧

WiMAXっぽくてWiMAXではない格安SIM一覧です。

次のような特徴のあるSIMを一覧にしました。

  1. データ通信量が無制限か大容量
  2. WiMAXより安い

NEXT Mobile(20GBプラン)

※30GB以上のプランもあるけど、月々3,490円払うならWiMAXで無制限にした方がいいので、20GBプランのみについて書きます。

月額基本料 2,760円(税別)

NEXT Mobile(20GBプラン)
データ通信基本料 2,760円(税別)
通信速度:制限なし
データ量:20GB

NEXT Mobile(20GBプラン)の特徴

良い点

①1日あたり・3日あたりなどの通信量制限がない

俗にいう「3日間制限」がない。
例えば「3日で3GB超えたら低速になります」ということがない。
これは大きいメリット。

②安い

WiMAXだと3,000円超が普通なので、WiMAXより安く使える。

③無料でついてくるモバイルルーターの電池もちが長い

無料でついてくるモバイルルーターが優秀。

バッテリーが1日以上は余裕でもつ。

④スマホにSIMを挿しても利用できる

付属のモバイルルーターからSIMを外してスマホに挿入しても問題なく接続できます。

スマホのAPN設定はこんな感じにすればOK。
APN:plus.4g
ユーザー名:plus
パスワード:4g
認証タイプ:PAPまたはCHAP

良くない点

①1ヶ月20GBの制限がある

1ヶ月20GBを超えると低速通信どころか、通信自体が不能なレベルになります。

とはいえ、1ヶ月20GBを超すレベルで利用することは、なかなか無いので普通は大丈夫かと。

DTI SIM(ネットつかい放題プラン)

月額基本料 2,200円(税別)

DTI SIM(ネットつかい放題プラン)
データ通信基本料 2,200円(税別)
通信速度:制限なし
データ量:20GB

NEXT Mobile(20GBプラン)の特徴

良い点

①通信量制限がない

1ヶ月あたりの通信量に制限がない点はメリット。

②安い

月間通信量無制限の高速データ通信用SIMで2,200円は安い。

WiMAXと比較しても1,000円以上安い。

良くない点

①通信量制限に厄介な規定がある

下記のような規定がDTI SIMにはあります。

平均的な利用を著しく上回る大量の通信を継続して行い、当社もしくは第三者のネットワークに過大な負荷を与えている会員の通信を制御または帯域を制限する場合があります。

これが、結構引っかかります。

規定に該当すると次のようなメールが送られてきて、通信が低速になります。

[DTI] DTI SIM ご利用状況に関する重要なお知らせ

平素よりDTIをご利用いただきありがとうございます。

現在のご利用状況についてお知らせいたします。

お客様がご利用の通信量は平均的なご利用量を超過しているため、まもなく通
信制限対象となる可能性がございます。

なお、平均的なご利用量を著しく超過している場合、すでに通信制限対象とな
っている場合もございますので、ご了承ください。

■通信制御の解除時間について

通信制御は毎日0:00頃に解除されます。

※2018年3月1日より解除時間が変更となっております。

■通信の制限について

DTI SIMサービス利用規約 第20条 (通信の制限)をご参照ください。
http://dream.jp/agreement/dtisim.html

今後とも末永くDTIをご愛顧のほど、お願い申しあげます。

DTIによると、私はいつもデータ通信使い過ぎだそうです。
youtubeとかの見すぎかな。

私にとっては、この制限がキツイので、DTI SIMの利用はやめようかなと思っています。

b-mobile

月額基本料 1,980円(税別)

b-mobile SIM 高速定額
データ通信基本料 1,980円(税別)
通信速度:制限なし
データ量:使い放題

b-mobileの高速定額プランの特徴

良い点

①通信量の制限がない

通信量の制限がない点はめちゃくちゃ良い。

データ通信時間またはデータ通信量等の制限はありません(使い放題でご利用いただけます)。

例えば「3日で3GB超えたら低速になります」ということがない。
つまり、本当の意味で通信量の制限がない。
これは大きいメリット。

②とにかく安い

高速データ通信用SIMで、しかもデータ使い放題で、1,980円は安い。
というか、安すぎる。

さすが、日本通信。

良くない点

①連続+大容量通信時には一定の制限がある

動画再生や連続したデータ通信にはトラフィック制御を設けています。また、時間帯によって大容量ダウンロードや連続通信に制限をかける場合があります。

これは、他の格安SIMであるような
「大容量の通信があったから、1日が終わるまで低速通信で我慢してね」
というような制限ではないので、その点は安心です。

実際、すぐ速度回復します。

②時間帯によって通信速度が不安定な場合がある

これは経験的なものですが、夕方~夜の間など、通信が混雑する時間帯の通信速度が少し落ちるような気がします。

といっても、動画を普通に見る程度はできる速さは出ているので、そんなに遅くなるわけではないです。

③レスポンスが少し遅い

SMARTALKのようなIP電話を使うような場合に、WiMAXなどと比べてスポンスが遅く感じます。

この点は、IP電話使う人以外は問題なさそうです。

④auの端末に対応していない

docomoやソフトバンクには対応しているものの、auの端末には対応していないので、auユーザーの場合は使えない。

auの端末には対応しておりません。

以上、 WiMAXっぽくてWiMAXではない格安SIM一覧 でした!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集