ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


viコマンド⇒編集⇒保存の手順

viコマンドを実行し、ファイルを開いたものの編集(文字の追加や削除)ができない。編集したけど、保存ができない。そんな時には以下のコマンドを思い出してください。

文字の追加をするなら、aをタイプ

viコマンド実行直後のままだと、カーソルの移動、文字の削除などは可能ですが、文字の入力はできません。

文字の入力をしたい場合は、キーボードのaを押せば、

-INSERT-

という表示が出て、文字の追加ができるようになります。

編集後に保存したい場合には、Esc⇒一番下に移動⇒:wとタイプ

編集後に保存したい時には、まずEsc(キーボードのエスケープボタン)を押します。

その後、カーソルの下矢印を連打し、一番下に移動します。

そして、:wを入力し、最後に「Enter」を押せば、「○○○○ written」と表示され、保存完了です。

viコマンドで操作時に役立つサイト

次のサイトには、viコマンド操作時に役立つコマンドが数多くまとまっているので、便利です。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060228/230985/?rt=nocnt

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集