ゆるく働き ゆるく生きる ゆるいだれかの日記

menu

ゆるりの足あと


【EDINET API】XBRLを取得してみる!

EDINET APIを利用してXBRLを取得してみます。

①書類番号を取得する

まず、書類番号がわからなければ、報告書のXBRLを取得できないので、書類番号を取得します。

提出日を適当に指定して(指定しないと取得できない仕様なので)、その日に提出された報告書の一覧を下記例のように取得します。

例:https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/api/v1/documents.json?date=2019-03-20&type=2

クリックして見てもらうとわかると思いますが、JSON形式で取得できます。

例のAPIで出力されるアミタホールディングス株式会社の書類番号は”docID”: “S100FE34″となっていることがわかります。

吐き出されるAPIの各項目の意味が分からない場合はEDINET APIから取得できる項目の意味についての記事を参照ください。

②XBRLをダウンロードする

https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/api/v1/documents/書類管理番号?type=n

という感じにAPIを叩くとXBRLをダウンロードできます。

書類管理番号にはdocIDを入れます。

nには下記の1~4の番号を指定して、書類種別を設定します。

1: 提出本文書及び監査報告書
2: PDF
3: 代替書面・添付文書
4: 英文ファイル

例えば

https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/api/v1/documents/S100FE34?type=1

とすれば、アミタホールディングス株式会社の有価証券報告書-第9期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)をZIP形式で取得することができます。

このZIPを解凍すれば中に目的のXBRLが入っています。

これでXBRLのダウンロード完了です。

以上、 【EDINET API】XBRLを取得してみる! でした!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

少しはお役に立てましたか?

役に立つかも?と思われた方はぜひシェアを!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去に作成したサイト集