オプション価格と先物価格の関係(公式)

オプション価格と先物価格の関係は次の公式であらわすことができます。

  • 先物価格 – 行使価格 = コールのプレミアム – プットのプレミアム

上記の式から算出できる理論値から、ずれている場合には、裁定取引(アービトラージ)と呼ばれる手法で稼ぐことも可能です。




裁定取引(アービトラージ)とは

たとえば同一価格のプットとコールを利用して

  • コール買い + プット売り

を同時に行った場合を考えます。

これは、ちょうど先物を買ったのと同じ意味になるので、

  • コール買い + プット売り
  • 先物価格と行使価格の差

の違いがリスクなしで利益になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました